Webライターは本業にできる?月30万は可能!収支も公開

Webライターは本業にできる?月30万は可能!収支も公開
なやみ子さん
なやみ子さん
未経験でもWebライターを本業にできるのかな?どのくらい稼げるんだろう?他のライターの生活費はどのくらいなのかな?
Webライターは本業にできますよ!わたしも文章を書いて生計を立てています!
ゆらり
ゆらり

今回はWebライターを本業にできるのか?という疑問にお答えします!

「まったく稼げなかったらどうしよう…。脱サラするのはこわい…」という気持ちはすごくわかります。

でも情報収集をして準備をすれば、Webライターとして活躍できるようになります。

著者プロフィール
専業ライター2年目。コツコツ時間をかけて9か月目に月収20万円を達成し、最高月収は57万円。
SEOの記事執筆、ディレクション、Kindle編集やメルマガ編集などを手がける。

最後まで読めば、Webライターを本業にするための考え方がわかってやる気が出てくると思います!

興味がある人はぜひ参考にしてください。

未経験でもWebライターは本業にできる

未経験でもWebライターは本業にできる

さっそく結論ですが、未経験でもWebライターを本業にするのは可能です。

理由は以下の通り。

  • 成功法則が確立されている
  • スキルと実績をつめば頭ひとつ抜けられる
  • ライティングスキルは各所で求められている

それぞれの理由を詳しく見ていきましょう!

理由①成功法則が確立されている

Webライターを本業にできる理由の1つ目は、成功法則が確立されているから。

実際に文章を書いて生計を立てている人は数えきれないほどいます

そして、成果を出すためにやるべきことは、調べればいくらでも情報が出てくるのです。

参考までに、わたしが活用しているコンテンツをいくつか紹介します。

・文章で月100万円稼ぐ藤原将さんのKindle
Amazon商品ページ

・月収7桁を達成している中村昌弘さんの無料メルマガ
中村さんのTwitter(プロフィールからメルマガ登録できます)

・年収750万円ライター佐藤誠一さんのYouTube
チャンネルトップページ

このように、Webライターを本業にしている人はたくさんいますし、彼らは余すことなく情報を発信してくれています。

成功法則を知って実行すれば、Webライターとして稼ぐのはそれほど難しくありません。

理由②スキルと実績をつめば頭ひとつ抜けられる

Webライターはスキルと実績をつめば頭ひとつ抜けられるので、本業にすることは可能です。

今はたくさんの人がWebライターの仕事を始めていて、競争が激化している状態。

わたしはクラウドソーシングで10件以上新規営業して全部落ちる…という経験をしたことがあります。さらに初月の収入は1万円でした。それだけ厳しい世界です。

でもライティングスキルと記名記事を増やしていけば、オファーをもらえるようになって提案も採用されます。

2年もたてば30~40万円ほど稼げるようになるので、続ける価値がある仕事といえるでしょう。

理由③ライティングスキルは各所で求められる

Webライターを本業にできる理由の3つ目は、ライティングスキルが各所で求められるからです。

Webの文章はわかりやすく簡潔に・読者の悩みを解決することが理想ですが、みんなができるわけではありません。

逆にいうと、正しいライティングスキルを身につければ、さまざまな仕事に応用できます。

たとえば、Webの記事だけでなく電子書籍の編集やメルマガの執筆・ブログの管理代行など。

ライティングスキルがあれば「仕事が見つからない」という状況は回避できるのです。

【補足】ある程度の国語力は必要

なやみ子さん
なやみ子さん
Webライターを本業にできるのはわかったけど、能力がある人じゃないとむずかしいんじゃないの?

こう思った人もいるのではないでしょうか。

たしかに、Webライターにはある程度の「国語力」が必要です。

支離滅裂な文章や、主語・述語・修飾語などが整理されていない文章だとそもそも記事を読んでもらえません。

そのため文章を書くのが苦手な人や、基本の文法に自信がない人は本を読んで勉強することから始めましょう。

以下の記事でおすすめの本を紹介しています!

【必読】Webライターで月20万円稼ぐために読んだ本8選

Webライターはどのくらいで本業にできる?【1年はかかります】

Webライターはどのくらいで本業にできる?【1年はかかります】

筆者の経験からいうと、Webライターを本業にするなら1年は見ておいたほうがいいです。

ゆらり
ゆらり
わたしは未経験からいきなり独立ししたが、月20万円稼げるようになるまで9か月かかりました・・・!

「せっかく仕事にするならすぐ結果を出したい」と思う気持ちはすごくわかります!

でも、たくさんのライターがいる中で、短期間で成果を出すのは簡単ではありません

貯金をして生活費に余裕をもちつつ、少しずつ収入金額を上げていくスタンスがおすすめです。

Webライターを本業にしたらどのくらい稼げる?【月30万はいけます】

Webライターを本業にしたらどのくらい稼げる?【月30万はいけます】

Webライターの仕事はがんばれば月30万円ほど稼げます。

ゆらり
ゆらり
わたしは仕事をはじめて2年ちかく経ちますが、直近3ヶ月の収入平均は月45万円ほどです。

もっとすごい人だと月80万円、100万円に到達している人もいます(SNSで検索すればたくさん出てきます)。

そう考えると、Webライターはなかなか夢のある仕事ですよね!

Webライターを本業にするには資格が必要?【特にいりません】

Webライターを本業にするには資格が必要?【特にいりません】

もちろんあったほうが有利だとは思いますが、特に資格は必要ありません。

Webライター関連の資格だと、Webライター検定やSEO検定などがあります。

ゆらり
ゆらり
しかし…わたしは、これらの資格を取得しているライターさんをほぼ見たことがありません(笑)

ただ専門性の高いジャンルでは、資格があったほうが執筆に役立つでしょう。

  • 金融ライターになるためにファイナンシャルプランナーの資格を取る
  • 薬機法ライターになるために薬事法管理者の資格を取る

信憑性の高さが求められる分野に関しては、資格を持つライターが重宝されます。

現役Webライターの1ヶ月の収支を公開

Webライターを本業にしている筆者の生活費

Webライターを本業にするなら、生活費をうまくやりくりすることも大切

参考までに、筆者のとある月の生活費事情を記載します。

収入:29万円
支出:25万円
収支:+4万円

支出の内訳は以下のとおりです!

支出の内訳
食費:3.2万円
日用品:0.6万円
交際費:0.8万円
自己投資(ジムや勉強代など):6万円
病院・整体:1.7万円
光熱費:0.5万円
家賃:5万円
冠婚葬祭:4万円
その他:1.3万円
ゆらり
ゆらり
家族構成は旦那さんと2人暮らしで、お財布は別々にしています!

残ったお金は貯金や投資信託にまわしています!

支出が収入を超えないようにしつつ、自己投資にお金をかけるとスキルアップできますよ。

Webライターを本業にするためにやるべき5つのこと

Webライターを本業にするためにやるべきこと

ここからはWebライターを本業にするためにやるべき5つのことを紹介します!

「わたしが完全初心者だったらこうする」という視点でポイントをまとめました。

副業を始める

Webライターをするなら、まずは副業から始めるのがおすすめ。

ゆらり
ゆらり
わたしはいきなり独立しましたが、成果が出るまで時間がかかり非常に大変でした(汗)

会社員のかたわら、平日の夜や土日に時間をとってクラウドソーシングなどで活動していきましょう。

副業で月5万、10万と稼げるようになれば、本業にしても生計を立てられるでしょう!

文章の勉強をする

Webライターとして成果を出すなら勉強の時間は必須。

文章力がないと、クライアントが求める記事を書けないからです。

ゆらり
ゆらり
わたしは他の人のブログやYouTubeなどを活用しました!

参考にしたコンテンツは、先述のわたしが活用したWebライター向け教材 で紹介しています。

まずは無料のコンテンツでいいので、少しずつインプットしてスキルをあげましょう!

単価をあげる

Webライターの報酬は記事単価・文字単価などで決まります。

初心者のうちは単価が1円未満でもいいのですが、本業にするなら最低でも文字単価1.5円以上はほしいところ

案件を応募するときに単価でフィルタリングするなどして、自分の価値をあげていくことが大切です。

  もちろんスキルアップすることや納期をやぶらないなど、基本を守ることが前提です!

作業時間を確保する

Webライターで生計を立てていくには、作業時間を確保することも欠かせません。

1日数時間の作業で稼げるほど甘くはないからです。

わたしは1日あたり5~7時間ほど作業していますが、初心者のうちはもっと多かったと思います。

育児などで忙しいかたは、スマホでの入力を使ってスキマ時間をうまく活用しましょう。

ポートフォリオをつくる

ライターとして活躍するなら、実績として「ポートフォリオ」を充実させることをおすすめします。

ポートフォリオとは
他の人に実績を見せられるよう、執筆した記事をひとつにまとめたページのことです!

文章力やその他のスキルをクライアントに見せられるので、ポートフォリオに載せる記事は多ければ多いほどいいです!

  書いた記事をポートフォリオに載せる際は、必ず事前にクライアントの許可を取りましょう。

参考までにわたしのポートフォリオを貼っておきます。

【参考】筆者のポートフォリオ

まとめ

HSPとわかったらどうすればいい?4つの対処法を解説

今回はWebライターを本業にできるのか?という疑問にお答えしました!

勉強してスキルアップすることが前提になりますが、本業にすることは可能です。

フリーランスなら収入の上限がないので、トライしてみる価値はあるでしょう。

何からはじめればいいの?という方は、こちらの記事を読んでみてください!

【必読】Webライターで月20万円稼ぐために読んだ本8選

最後までお読みいただきありがとうございました!

ABOUT US
ゆらり
Webライター|HSP(繊細さん)|会社員の働き方がどうしても合わず、未経験からフリーのライターに。ゆっくりペースで9ヶ月目に月収20万→1年で月収30万→最高月収204万円|過去の自分と同じような人の背中を押せたら嬉しいです!