【必見】Webライターにおすすめのクラウドソーシング7選

【必見】Webライターにおすすめのクラウドソーシング7選
なやみ子さん
なやみ子さん
Webライターにおすすめのクラウドソーシングはあるの?とりあえず主要なところを登録しておけばいいと思っているんだけど・・・。
主要なところを登録しておけば、ひとまず問題ありません!が、より成果を出すためには+αのクラウドソーシングを使った方がいいです!
ゆらり
ゆらり

今回はWebライターで月30万円稼いでいるわたしが、体験をもとにおすすめのクラウドソーシングを紹介します!

Webライターの仕事探しにお役立ていただき、さらなる成果につなげてくださいね~!

クラウドソーシングとは

クラウドソーシングとは

まずクラウドソーシングの仕組みについて理解しておきましょう。

クラウドソーシングとは
「仕事をしたい人」と「仕事を依頼したい人」をつないで、取引を仲介するサービスです。

 

たとえばWebメディアを運営している人がグルメ記事のライターを募集して、マッチングしたらクラウドソーシング上でメッセージのやり取りをしながら仕事を進めます。

・仕事を始める前に一時的に報酬を支払う「仮払い制度」
・メッセージが来ないときに活用できる「催促機能」

こうした機能があり、初心者でも安心して仕事ができる環境が整っています。

その一方で、利用者や仕事の数が多いために、低単価な案件や本人確認が済んでいないユーザーも存在しますので注意が必要です。

これからWebライターとして活動していきたい人の「登竜門」といえますね!

Webライターにおすすめのクラウドソーシング

Webライターにおすすめのクラウドソーシング

さっそくWebライターにおすすめのクラウドソーシングを紹介します。

わたしも月20万円稼ぐまでに以下のサイトを利用しましたので、ぜひ登録してみてくださいね~

登録必須のサイト2選

Webライターになるなら「ランサーズ」「クラウドワークス」の2つの登録は必須です。

わたしもこの2つを使ってライターの仕事を始めました!

ランサーズ



クラウドソーシング「ランサーズ」

ランサーズは国内シェアNo.2のクラウドソーシングサイトです。

案件数が豊富にあり、デザインも使いやすいので初心者の方には非常におすすめです。

わたしはクラウドワークスとランサーズを併用していましたが、どちらかというとランサーズの方が使いやすいと感じました!
ゆらり
ゆらり

また一定の条件を満たすと「認定ランサー」という称号が得られ、特別な案件のオファーをもらえたり、ランサーズが開催するイベントに参加できたりするメリットがあります。


ランサーズ

クラウドワークス




クラウドワークスは国内シェアNo.1のクラウドソーシングサイトです。

案件数の多さはトップクラスで、ライティング関連の案件も見つけやすいでしょう。

こちらもランサーズと同様に「プロクラウドワーカ―」という優秀なユーザーの認定制度があります。

また「ビズアシスタントオンライン」という会社と提携しており、仕事のオファーがたくさん届きます。(ただ正直条件面は微妙なので、最初の実績作りに使うのがよいかと思います)
クラウドワークス

サブとして使いたいサイト3選

クラウドソーシングサイトを使うなら、上記の他にも複数登録することをおすすめします。

なやみ子さん
なやみ子さん
そんなに登録するのはめんどくさいよ!2つあれば十分では?
クラウドソーシングはたくさん使った方がいいですよ!理由は以下の通りです。
ゆらり
ゆらり
・主要なクラウドソーシングは利用者が多く競争率が高い
・応募しやすい案件はたくさんのライバルがいる
・2つだけだと応募したい案件が見つからない可能性がある

上記の理由があるので、サブとして他のクラウドソーシングも使いましょう!

わたしのおすすめは以下の3サイトです。

ココナラ




ココナラはスキルをサービスとして出品できるプラットフォームです。

ライターなら「〇〇ジャンルの記事を書きます!」「Kindle出版の原稿作成をお手伝いします」といったサービスを出せます。

気に入った人にサービスを買ってもらえる方式なので、営業に時間をかける必要がありません。

相手に刺さるサービスを出品できれば、営業しらずの売れっ子ライターになることも可能です!

ただユーザーは非常に多いので、まずはお手頃な価格で仕事を受けて、コツコツ実績を作るといいと思います!
ココナラ

Bizseek




Bizseek(ビズシーク)は手数料が業界最安値のクラウドソーシングです。

主要なクラウドソーシングだと手数料は20%かかることが多いですが、Bizseekは10%しかかかりません。

またクライアントとの間にBizseekのディレクターが入り、仲介役になってくれるのでトラブルになりにくいメリットがあります。

ランサーズやクラウドワークスだと、トラブルは当事者間で解決する必要があり、運営側はサポートしてくれないんですよね・・・。

さらに非公開案件が多数あるので、他のクラウドソーシングでは見つからないような仕事を探せます。

案件数は大手2社に比べると少ないですが、登録する価値はあるといえますね!
ゆらり
ゆらり
Bizseek

クラウディア




クラウディアもビズシークと同様に手数料の安さを売りにしています。

最低15%なので、主要なクラウドソーシングと比べると少なめですね!

また報酬の振込手数料が300円と、他に比べて安いこともメリットといえます。

ランサーズやクラウドワークスだと、報酬を振り込む際に500円の手数料がかかります(ただし楽天銀行なら100円)

楽天銀行を使っておらず、振込手数料をなるべく抑えたい人にはおすすめのサービスです。

Craudiaクラウディア

直接契約におすすめのクラウドソーシング

Webライター初期の頃は上記のクラウドソーシングを使うことをおすすめします。

ただどうしても手数料を取られてしまいますので、より大きな成果を出すなら直接契約に移行しましょう。

以下の2つのプラットフォームは手数料を取られず、直接契約の案件を獲得しやすいのでおすすめです!

Wantedly

Wantedly(ウォンテッドリー)は企業と個人を結ぶビジネス専門のSNSです。

主に中小企業が多く、スピーディーに選考が進んでいきます。

わたしは対企業との直接契約をほぼWantedly経由で受注しました!
ゆらり
ゆらり
ひとつ懸念点として、Wantedlyの規約上、報酬金額を募集要項に記載することは禁止となっているため、メッセージや面談の場で聞く必要があります。

ただクラウドソーシングのように低単価な案件は少ない印象です。

わたしが取引した案件は文字単価1.5円以上がほとんどでした。

直接契約受注の入口としては非常におすすめなプラットフォームです!

Wantedly

CACASEL Editor

CACASEL Editor(カカセルエディター)は、Webマーケティングに強い「サクラサクマーケティング株式会社」が運営しているサービスです。

サクラサクマーケティングの業務委託という形式のため、原則やり取りはサクラサクマーケティングの担当者と行います。

文字単価2円前後の案件が多く、他のプラットフォームと比べると好条件といえます!

ただし最初にライティングのテストがあるので、始めたばかりの初心者の方にはおすすめできません><

まずは主要なクラウドソーシングで実績を作り、スキルを高めてから挑戦してみましょう!

CACASEL Editor

クラウドソーシングを効果的に使う5つのコツ

クラウドソーシングを効果的に使う5つのコツ

クラウドソーシングを使う際は数を絞って利用することや、低単価案件を避けるといった点に気を付けましょう。

効果的に利用するための5つのコツを解説します。

最初のうちは数を絞って利用する

ここまで7つのクラウドソーシングを紹介しましたが、最初のうちは数を絞って利用することをおすすめします。

なぜなら、広く浅く使っていると実績が溜まらないからです。

わたしも初期はランサーズを中心に利用して評価を溜めていました!
ゆらり
ゆらり

クライアントは少なからずワーカーの評価を見ていますので、他のクライアントからのコメントは多い方がいいんですよね。

まずはランサーズとクラウドワークスを中心に使うといいと思います!

低単価な案件には応募しない

クラウドソーシングの案件の中には、文字単価0.1円のような低単価な案件も存在します。

仕事が取れないこともあると思いますが、なるべくこうした低単価な案件は避けましょう。

単価が低い案件では、クライアントが「ワーカーから搾取する」というマインドであることが多く、精神的に消耗する可能性が高いからです。

 

ライター案件なら文字単価1円以上(少なくとも0.5円以上)にフィルタリングして検索してみてください!

仕事の取り方はこちらのnoteで学べます!

なるべく早く実績を作る

どこで仕事をするにも共通していえることですが、なるべく早く実績を作りましょう。

どんな記事を書けるのか提示できないと、クライアントにとって地雷ライターになり得る可能性があるからですね。

応募するときに「他のメディアで書いた記事」や「自分のブログ記事」などを提示できるとベストです!

ただ、他のメディアで書いた記事を公開していいかどうかは案件によって違うので、クライアントへ了承を得る必要があります。

自分のブログなら誰かの許可を得る必要はないので、すぐに実績として利用できますよ!

ライターとしてのスキルアップにブログ運営は欠かせませんので、まだ開設していない人はこちらを見てチャレンジしてみましょう!

Webライター初心者はブログをやらないと損!運営するメリットとは

あらかじめ手数料を計算する

クラウドソーシングは手数料を取られますので、募集要項に書かれた金額がそのまま報酬になるとは限りません。

たとえば「文字単価1円(手数料込み)」と書かれていたら、そこから手数料20%や源泉徴収、振込手数料などが引かれます。

「文字単価1円!」と書いていても、実質文字単価0.7~8円くらいということですね。

引かれる金額はわりと大きいので、手数料を見越したうえで応募するかどうか検討してみてください!

プラットフォームを移行していく

実績ができてきたら、プラットフォームをどんどん移行しましょう。

なぜならクラウドソーシングは単価が低い・ライバルが多すぎるなどデメリットもあるからです。

できるだけマイナーな方に移行していくことで、ライバルが少ない環境で高単価案件を獲得しやすくなります。

わたしは以下の順番で移行していきました!

  1. ランサーズ、クラウドワークス、ココナラなど
  2. WantedlyやSNS
  3. オンラインサロン、知り合い経由

 

下に行くにつれて仕事が取りやすく、単価も上がっていきます。

少しずつ移行して自分の市場価値を高めていきましょう!
ゆらり
ゆらり

クラウドソーシングにまつわるQ&A

クラウドソーシングにまつわるQ&A

ここからはクラウドソーシングにまつわる質問の回答をまとめました。

「実際クラウドソーシングってどうなの?」といった質問にもリアルな数字をまじえてお答えしていきます!

Webライターはクラウドソーシングでいくら稼げる?

実際のところクラウドソーシングを使うといくら稼げるのか・・・と疑問に思う人は多いのではないでしょうか。

わたしの経験では、クラウドソーシングだけで到達できるのは「月15万円」でした!
ゆらり
ゆらり

やっぱり手数料を取られるのが結構大きいんですよね~。

それ以上の成果を得るとなると、直接契約が必要です。

具体的な報酬はこちらの記事に記載していますので、参考にしてみてください!

Webライターは儲からない?実情と稼ぐための3つのポイント

プロフィールには何を書けばいい?

プロフィールの書き方に悩む人は多いと思います!

わたしも何回も書き換えた経験がありますので。

簡単にいうと信頼を得るための経歴・略歴、相手へ提供できる価値を盛り込むことが大事です!

具体例は以下の記事に載せていますので、ぜひご活用ください。

クラウドソーシングのプロフィールの書き方【具体例あり】

クラウドソーシングの単価は低すぎる?

たしかにクラウドソーシングの単価は低いと思います。

文字単価0.1円くらいの案件は、正直「搾取案件だな」と思ってしまいますね。。。
ゆらり
ゆらり

それをずっと続けていても、頑張っても月数万円しか稼げないでしょう。

なので、ライターでより成果を出したいならスキルアップして、プラットフォームを変えていく必要があります。

そのための登竜門として「実績作り」のためにクラウドソーシングを使うのがおすすめです!

まとめ

今回はWebライターにおすすめのクラウドソーシングと、効果的に使うコツを解説しました。

クラウドソーシングはライターの仕事を経験して、次につなげていくために欠かせないツールです。

うまく活用して、ライターとしてのキャリアアップに役立てていきましょう!

Webライターしてゆくゆくは独立したい!と思っている人は、以下の本も読んでみてください!

1年以内に月収20万を達成する! マイペースにゆるく頑張りたい人向けの、Webライターとして稼ぐロードマップ

1年以内に月収20万を達成する!マイペースにゆるく頑張りたい人向けのWebライターとして稼ぐロードマップ

通常価格は440円、Kindle Unlimitedの会員なら無料で読めます!

初回30日間は無料体験できるので、ダウンロードした後に解約すれば0円です!
ゆらり
ゆらり
Kindle Unlimitedに申し込む

今回は以上です!お読みいただきありがとうございました。