Webライターは楽しい?現役ライターが体験をもとに解説

Webライターは楽しい?現役ライターが体験をもとに解説
なやみ子さん
なやみ子さん
Webライターって楽しいのかな?クラウドソーシングで消耗してやめる人が多いイメージがあるけど実際のところどうなんだろう?

今回はこのような疑問にお答えします!

「Webライターは低単価だからきつそう」と思う人もいますよね。でもちゃんと楽しいところもありますよ!

ゆらり
ゆらり
Webライター歴1年のわたしが、実体験をもとに魅力や楽しさについて解説します。

これからライターをやろうと思っている人や、興味があって情報収集している人はぜひ最後までご覧ください~。

新しい分野の知識が身につく

新しい分野の知識が身につく

Webライターは新しい分野の知識が身につき、知的好奇心をくすぐられるお仕事です。

https://twitter.com/yurarigurashi/status/1280525002173935616

このように、今まで知らなかったことや興味があることの知識を深められます。

好きなジャンルなら尚更書いていて楽しいですよね。

今まで詳しくなかったことでも、ちゃんと調べてみると「へぇ~おもしろい!」と思えて、興味が湧いてきますよ。

興味のあることを深堀りできる

興味のあることを深堀りできる

Webライターとして既に詳しい分野や、好きなジャンルの記事を書けば、興味があることを深堀りできます。

もともと興味がある分野なら、自分も楽しみながら書けそうな気がしますよね?

わたしは旅や自然のスポットが好きで、旅行メディアで景勝地の記事を書いていたときはワクワクが止まりませんでした(笑)。

さらに、趣味でやっていることなら、体験談や独自の見解などを入れて充実した記事が書けますよ。

 

Webライティングのジャンルは多種多様なので、きっと好きな分野を見つけて楽しんで執筆できるはずです!

スキルが身につく

スキルが身につく

Webライターの仕事をしていると色々なスキルが身につきます!

たとえば以下のようなことですね。

身につくスキル
  1. Webライティング
  2. セールスライティング
  3. WordPress
  4. HTML
  5. SEO

 

ただ文章を書くだけではなくて、Webライティングに付随した幅広いスキルを学べます。

のちのちライターから他の仕事に転身するときも役に立つものなので、持っていて損はありません!

仮に取引している案件がキャンセルされても、新しい仕事を探す際の武器にもなりますよ。

Webライター仲間ができる

Webライターが文字単価を上げるためにやるべきこと

WebライターとしてSNSを運用したり、サロンに入ったりするとライター仲間ができます。

仲間ができれば、こんなこともできますよ。

  • 情報交換する
  • ライターあるあるについて語る
  • 時には悩み相談に乗ってもらう

「誰にも相談できる人がいない」と思う人は、まずTwitterで同じようなライター仲間を見つけてみるといいかもしれません!

ゆらり
ゆらり
わたしもTwitterのDMは開放しているので、聞きたいことがあればお気軽にご連絡ください(^^)

ライターはあまり人と話さない仕事なので、仲間と交流するのは楽しいひとときになると思います!

書くことを仕事にできる

Webライターとして独立

言葉をつづるのが好きなら、Webライターになって書くことを仕事にできます。

「自分の書きたいことが書けないなら楽しくない!」と思う人もいるかもしれませんが、体験談や個人の意見を求めているメディアもたくさんあります。

わたしもそもそも書くことが好きです。

子供のころは作文がよく入賞しましたし(笑)、日記もたくさん書きました。

 

「文章を書くことが好きで、執筆を仕事にしたい!」と思っている人は、ライターになったら楽しく働けると思います。

役に立つ情報を提供できる

役に立つ情報を提供できる

ライターは「誰かの役に立つ記事」を書くことが仕事です。

人の役に立つことはシンプルに嬉しいですし、仕事に対して楽しさを感じるきっかけになります。

たとえば、わたしは今までこんな記事を書いてきました。

記事のテーマ例
 ・企業のDXを推進するためのITツール活用法
・ハンドモデルを探している人向けのサービス紹介
・光回線サービスに申し込む人のためのキャンペーン解説

 

結果として読者の悩みを解決できたら、感謝の言葉をいただいたり、サービスを購入してもらえたりします。

そのためには時間をかけて練り上げた記事を出す必要がありますが、人の役に立ったときは「ライターは楽しい!」と思えるでしょう。

経験を活かせる

経験を活かせる

ライターは、これまでの経験を楽しさに変えられる仕事です。

ゆらり
ゆらり
わたしは旅行メディアの執筆経験があります。実際にまわったルートを思い出しながら記事を書いたときはすごくわくわくしました。

よく「執筆できるジャンルがない」と悩む人がいますが、実際には「執筆できるジャンルに気づいていない状態」だと思います。

たとえばそれまで仕事でやっていたことは、他の人に比べたら知識が豊富なはずです。

趣味でハマっていたことや、旅行でいったことのある場所も記事にできます。

自分の経験をのせた唯一無二の記事が世に出るのは、ライターの楽しいところのひとつです。

自分の想いを人に届けられる

自分の想いを人に届けられる

ライターの文章には、相手の悩みを解決するだけではなく、想いを伝えて人を動かす力があります。

たとえば、わたしはライターとして月20万円稼ぐ方法をまとめたKindle本を出しています。

出版してから、たくさんの人に「この本のおかげでライターへの一歩を踏み出せました!」とメッセージをいただきました。

 

文章にのせた気持ちが誰かに届くのは、想像以上に楽しいことですよ。

「人の心を動かすってどうやるのよ!」と思う人には、以下の本がおすすめです。

成果が数字になる

成果が数字になる

ライターの仕事は、成果がダイレクトに数字に表れます。

大変といえば大変ですが(笑)、結果が出れば楽しさも感じられますよ。

ゆらり
ゆらり
わたしは1年目の報酬がどんどん右肩上がりになったときはテンションあがりました!2年目に入ってからは横ばいですがw

ライターの成果が数字で見える項目をいくつか紹介します。

  • 毎月の報酬
  • PV数(記事が閲覧された数)
  • CV数(紹介したサービスが成約した数)

もちろん、一概にスキルがあがれば上記の数字が高くなるわけではありません。

しかし、初期の頃と比較して数字が高ければライターとして成長している証です。

数字が目に見えるだけでも「お~!ライターって楽しい!」と思えるきっかけになります!

まとめ

まとめ

Webライターの楽しいところをまとめて解説しました。

もちろん大変な面もありますが(笑)、ちゃんと楽しさや喜びもありますよ。

本記事に書いたことは全部わたしが感じていることなので、他の人も同じ気持ちになる可能性は高いと思います!

「そもそもライターに向いているかわからん!」
「ライターってどのくらい稼げるの?」

こんな風に思っている人は、以下の記事を参考にしてみてくださいね~。

Webライターに向いている人とは?7つのチェックリスト

Webライターは独学OK!月20万稼いだ5つの勉強法を紹介

では、今日はこのへんで終わりにします。

お読みいただきありがとうございました!