自分を好きになる!HSPが自己肯定感を高める5つの方法

自分を好きになる!HSPが自己肯定感を高める5つの方法

短所ばかり気になってしまい、なかなか自分を好きになれない。
容姿や内面の悪いところばかり気にしてしまう。

繊細なHSPは、こんな風に自己肯定感が低い人も多いのではないでしょうか。

ゆらり
ゆらり
私自身もHSPで、昔はコンプレックスのかたまりでした。しかし今では、自己肯定感を高くキープできています。

この記事では、自分の短所に悩んでいるHSPの人向けに、自己肯定感を高める5つの方法を解説します。

記事の中で紹介する方法を実践して、自分に満足できる毎日を送りましょう♪

HSPが自己肯定感を高める方法①人に肯定してもらう

HSPが自己肯定感を高める方法①人に肯定してもらう

手っ取り早いのは、人に肯定してもらうこと。

自分で自分を肯定する前に、まわりから固めましょう(笑)

もちろん自分ひとりで肯定感を高められるのなら、それが一番いい方法です。

しかし、HSPは周りの人の影響を人一倍受けやすい気質があります。

せっかくならHSPの気質を活かして、周りの人に肯定してもらいましょう。

私の場合は、母が一番の理解者です。

ゆらり
ゆらり
何かあった際に相談すると、私のいいところを必ず言ってくれて悩みがスーッと消えていったのを覚えています。

また、自分のコンプレックスを解消してくれる人がいるとさらに最強です!

私の場合は、彼氏がまさにそうでした。

ゆらり
ゆらり
お尻が大きいのを気にして必死に隠していたのですが「女性らしくて魅力的だよ」と言ってくれたのです。

私にとってお尻はは「隠すべきもの」でしかなかったのに、その言葉で「女性らしさ」を出す要素となりました。

ことあるたびにお尻をほめてくれるので、今はすっかりコンプレックスを卒業しています(笑)

HSPが自己肯定感を高める方法②自己肯定感が高い人の考えをまねる

HSPが自己肯定感を高める方法②自己肯定感が高い人の考えをまねる

次におすすめの手段は、自己肯定感が高い人の考えをまねること。

自分に自信がある人や、ポジティブな人の思考を自分の中にインストールしましょう。

自分ができないことを堂々とやっている人を見ると、自分の短所をポジティブにとらえられるようになります。

私は体型が本当にコンプレックスだったのですが、アメリカに行って考え方が変わりました。

日本では細いモデルのような体型が美しいとされていますが、アメリカでは丸味を帯びたボディラインが美しいといわれます。

ゆらり
ゆらり
日本では「大きいなぁ」と思われるような人でも「私ってセクシーでしょ?」といわんばかりに、背筋をピンと伸ばして歩いている女性がたくさんいたのです。

彼女たちは太っているとか、お尻が大きいから隠したいなんて微塵も思っていません。

彼女たちの考え方をまねたところ、以前より自分のコンプレックスが気にならなくなりました。

HSPが自己肯定感を高める方法③人と比較せず、過去の自分と比べる

 HSPが自己肯定感を高める方法③人と比較せず、過去の自分と比べる

他の人と自分を比べてしまうこと、ありますよね。とてもわかりますが、やめましょう!

あらゆる分野において上には上がいます。いちいち比較していてはキリがありません。

他人ではなく、過去の自分と比べるのです。

昔の自分と比べれば、以前より成長を感じられることがあると思います。

私自身もこんな経験があります。

・同じ時期にブログを始めた人が自分より報酬が高い
・あとからライターを始めた人が私の報酬を上回った

 

そんなときは焦りを感じるし、「自分はダメダメだなぁ」という気持ちになります。

だけど、昔の私と比べると確実に成長しています。

・ブログの収益はわずかながらも向上
・ライター業を始めた当初に比べたら報酬はかなり上がっている

 

スキルや成長速度は人によって違います。

少しずつでもよくなっているなら、自分を褒めてあげたくありませんか?

だから周りのことは気にしなくていいんです。

自分が目標に一歩ずつ近づいているかどうかを気にしましょう。

過去の自分より成長できていれば存分にほめてあげてください^^

HSPが自己肯定感を高める方法④自分の短所とうまく付き合う

HSPが自己肯定感を高める方法④自分の短所とうまく付き合う

自己肯定感が低いと感じるときは、自分の短所とうまく付き合えていないのかもしれません。

まずは、自分が人より劣っていると思う部分や、物事がうまくいかないときの自分にまつわる原因を洗い出しましょう。

たとえば、私の場合は以下のことがコンプレックスでした。

・お尻が大きくて恥ずかしい
・大人数だとうまく意見がいえない

 

そして、その短所とうまく付き合う方法を考えるのです。

私の場合は、お尻の大きさを気にしてカバーしすぎるのをやめました。

ファッションに関する記事を読んだときに、あえてタイトなスカートをはくとボディラインが見えてメリハリが出ると知りました。

それ以降は丈の長いセーターなどで隠しつつ、ボディラインがわかるような服をよく着るようにしました。

ゆらり
ゆらり
周りからは「大人っぽくなったね」といわれることが増えて嬉しかったのをおぼえています。

また大人数だと意見がうまく言えないことについては、改善を試みましたがなかなか難しかったので諦めました(笑)

そして「大人数で意見を言わなくてもいい環境」で仕事することに決めました(今やっているWebライター)。

苦手なことをしなくて済むと、自己肯定感が低くなることもありません。

飲み会などで大人数が集まるときは「意見をうまくいえなくても、聞くのは得意」と考えるようにしています。

無理に意見をいわなくても、相手の話を聞くだけでも価値があると思うようにしたのです。

人の話を最後まで聞いて共感できる人って意外と少ないですからね。(笑)

このように、自分の悪いところを認めて、どううまく付き合うか考えると自己肯定感が低くなることも少なくなりますよ。

HSPが自己肯定感を高める方法⑤自分のことをほめてあげる

HSPが自己肯定感を高める方法⑤自分のことをほめてあげる

日々少しずつ自己肯定感を高めるためには、自分で自分をほめてあげることも大切です。

ほめることはささいなことでいいので、今日の活動や会話を思い出して肯定するポイントを見つけましょう。

たとえば私の場合、今日はこんなことをしました。

・短時間で執筆を終わらせた
・切れかけていたティッシュと化粧水を買った

 

また、会社員だったときはこんなことを考えてiPhoneにメモしていました。

・〇〇さんからの急な依頼に嫌な顔をしなかった
・今日1日さぼらずに働いた
・会議で意見を言えた

 

「大したことじゃないけどな~」というような小さなことでも、ピックアップして自分をほめましょう(笑)

人にほめられると誰でも嬉しくなりますし、ほめてくれた相手にいい印象を持ちますよね。

自分に同じことをしてあげることで、自分のことを好きになる気持ちが高まるはずです。

まとめ:自分の声を一番聴いているのは自分

自分の声を一番聴いているのは自分

HSPの人に向けて自己肯定感を高める方法を解説しました。

自分の声を一番たくさん聴いているのは自分自身です。

心の中で考えていることもすべて自分が聞いています。

その中で「どうせ自分は・・・」とか「なんてダメな人なんだろう」とか考えていては、ただただマイナスになってしまいます。

それよりも周りの人に支えてもらったり、自分の短所を分析したりして、自己肯定感を高める努力をすることがよっぽど有意義です。

思っている以上に自分を大切にしてあげてください。

HSPならではの幸せを見つけたいときは、以下の本がおすすめです。

HSPであることのメリットや、苦しいときの対処法が丁寧に書かれているのでぜひチェックしてくださいね。

今日はこの辺で終わりにします。

読んでいただきありがとうございました!

ABOUT US
ゆらり
Webライター|HSP(繊細さん)|会社員の働き方がどうしても合わず、未経験からフリーのライターに。ゆっくりペースで9ヶ月目に月収20万→1年で月収30万→最高月収56万円|過去の自分と同じような人の背中を押せたら嬉しいです!