飲み会が苦手なHSPの人に伝えたいこと【変わらなくていい】

飲み会が苦手なHSPの人に伝えたいこと【変わらなくていい】

気を使いすぎるHSP気質の人(繊細さん)にとって、飲み会はけっこう辛いものです。

特に人数が多い飲み会や、職場の飲みでは、色々考えて終わったあとに疲れてしまう人もいるのではないでしょうか。

私もHSP当事者ですが、何回やってもあの雰囲気には慣れません^^;

ゆらり
ゆらり
毎回全力で挑み、周りを楽しませるつもりなのにうまくいかず。なんでこんなに苦手なんだろう?と何度も考えました。

今回はそんなHSPの人向けに、飲み会が少し楽になる向き合い方についてお伝えしたいと思います。

HSPが飲み会を苦手に感じる理由

飲み会をつらく感じる理由はさまざまですが、大きくわけると3つあると思っています。一つずつ見ていきましょう。

飲み会の環境が苦手

1つ目は飲み会の環境そのものが苦手ということ。

  • 周りの話し声や雑音がうるさく感じる
  • そのせいで相手が話す内容が頭に入ってこない
  • アルコールや、おじさんが吸うタバコの副流煙が苦手
周りの騒音が気になって、相手が言っていることが頭に入ってこず、薄い反応しかできない。
結果、話が盛り上がらない・・・。

 

HSPの人は、こんな経験をしたことがあるのではないでしょうか?

ちなみに私もそうでした^^;

人一倍感性が敏感なHSPは、飲み会の環境自体が合っておらず、うまく馴染めないことがあるんですよね。

コミュニケーションがうまくとれない

少人数での会話はうまくできるのに、飲み会だとコミュニケーションがうまくいかないのもHSPあるあるです。

  • 自分と話している人が楽しくないのではないか
  • 仲良くなりたいけど、何を話したらいいかわからない
  • どのタイミングで話に入っていけばいいのかわからない
  • 向こうのグループみたいにこっちも盛り上げなくちゃ・・・!

こんな風に思ってしまうんですよね。(すべて私の経験)

結果、飲み会を盛り上げようと頑張るけど空回りしてしまう、という悪循環に。

飲み会の特性が苦手

飲み会の中にも種類があり、中でもHSPの人が苦手とするのは職場の飲み会女子会の2つが多いんじゃないかな~と。

職場の飲み会の場合・・・

  • おしゃくをしないといけない
  • ご飯を取りわけないといけない
  • 面白くないおじさんの話を聞かないといけない

女子会の場合・・・

  • 同調圧力がすごい
  • 愚痴ばっかりで疲れてくる

普通の飲み会も大変なのに、特性が強いとさらに疲弊してしまうんですよね><

私は、どちらの飲み会もものすごく苦手でした。

「自分は楽しむのをあきらめて、周りの人に尽くすことに徹底しよう」

と、毎回覚悟を決めて参加していました(笑)

ゆらり
ゆらり
今振り返ると、セルフ執事か!と突っ込みたくなります^^;

HSPの人は何かと苦労が絶えないですね。。

では、どうやったらその状態を改善できるのでしょうか?

HSPは、苦手な飲み会をどう克服するべきか

なやみ子さん
なやみ子さん
私が考え方を変えれば、飲み会を楽しめて話も盛り上げられるかもしれない!

こう思っている人もいるかもしれません。

ゆらり
ゆらり
たしかに考え方を変えれば、苦手意識はなくなるかもですね。だけど、本当にそれで解決するのかな?

そもそもHSPは、生まれ持った特性のこと。

脳の構造がそうなっているので、直そうとおもって簡単にできるものではないのです。

言い方を変えると、HSPの人はそのままでいいということ。

ここからは、HSPという気質とうまく付き合いながら、飲み会を楽にする方法を考えていきましょう(^^)

参考
HSPを提唱した学者のエレイン・アーロン氏のサイトはこちら

本当にその飲み会に行きたいですか?

まず、自分の率直な思いに耳を傾けてみましょう。

その飲み会に本当に行きたいと思っていますか?

ゆらり
ゆらり
私は正直なところ、まったく行きたくありませんでした(笑)

・1回で4000円くらい飛ぶ
・お酒はほとんど飲めない
・しかも話も盛り上がらない
・ご飯も満足に食べられない
・タバコくさくなるし翌日は体調もよくない

もう悪い面しか思いつきません(笑)

ということで、行きたくない飲み会には参加しなくてOKです。

私は今フリーで働いているので、飲み会のお誘いはまったくありません。超快適です!

勇気を出して、飲み会を断る

断りづらいかもしれませんが、勇気を出してお誘いを断りましょう!

おすすめなのは、習い事を始めてみることです。

夜にレッスンの予定を入れやすいし、仕事に役立つ内容なら上司にも言い訳しやすいですよ。

ゆらり
ゆらり
参加する飲み会はほんとーーーに重要な、節目ごとの飲み会だけにしましょう。(忘年会、新年会、期初期末の飲みなど)

それ以外は、自分が行きたいものだけに絞りましょう。そのほうが心身ともに楽になります(^^)

参加せざるを得ない飲み会では、エネルギーを温存

それでも飲み会に行かないといけないときは、なるべく無理をしないように努めましょう。

  • 居心地がいい人の横に座る
  • にこにこ座っているだけでもOK
  • 話が盛り上がらなければ、聞き役になる

変に盛り上げようとか、話に入ろう!とかはしなくて大丈夫です。

自分が楽に過ごすことを意識しましょう。

絶対1次会で帰る

飲み会に行かざると得ないときに意識したいことがもう一つあります。

絶対1次会で帰ることです。

自分が行きたいなら2次会に参加してOKですが、周りに流されて行くのはやめましょう。

ゆらり
ゆらり
1次会で蓄積したストレスがさらに積もるだけなので><

1次会で帰るコツは、

次のお店どうする?とわちゃわちゃしているときに、そーっと去る人に便乗すること。

お店の前で円になって3本締めをやるのも、参加しなくていいです(笑)

その間にしずか~に抜ける人を見つけて、一緒に駅へむかいましょう!

まとめ:HSPの人が、飲み会のために変わる必要はない

HSPで飲み会が辛いと思っている人に向けて、その理由と対処方法を解説しました。

ポイントは以下のとおり。

HSPが飲み会を辛く感じる理由は、以下の3つ

  • 環境が合わない
  • コミュニケーションが取りづらい
  • 飲み会の特性が強いと居心地悪い

じゃあどうしたらいいか?

HSPは生まれ持った性質。自分が変わる必要はない

 

以下のことを実施して、飲み会と楽に付き合っていきましょう。

・本当に行きたい飲み会だけ行く
・最悪、行った時は無理しなくていい
・1次会で帰るには、さらっと抜ける人に便乗する

HSPが飲み会を苦手とするのは、相手のことばかり考えてしまうのが大きな理由です。

相手のことを思いやるのはいいことですが、自分が変わる必要はありません。

自分の気持ちとよく向き合って、居心地が良い飲み会だけ行けばいいんです(^^)

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

このサイトについて