運営者プロフィール

こんにちは!ゆらりです。

本ページではブログ運営者のプロフィールを紹介します。

WebライターとしてのポートフォリオやSNS、ラジオチャンネルなどは以下にリンクをまとめております。
まとめリンク

「ゆらりってどんな人?」と思っている人は読んでみてください。

生い立ちから小学校まで

生い立ちから小学校まで
※写真はイメージです

1992年に東京都で生まれました。

「シティーガールだね!」とよくいわれますが、はい、根っからのシティーガールです(笑)

逆に田舎暮らしに憧れます!

ちなみに父親は中国人ですが、日本で育ったので中国語はほとんど話せません(笑)

おとなしい子供だった

親曰く「育てやすい子供だった」とのことです。

素直に親のいうことを聞き、ワガママも言わずすくすくと育ったようです(笑)

小さい頃からおとなしく、喧嘩がとにかく苦手。

ゆらり
ゆらり
言い争いになるたびに気が強い子に言い負かされて泣いているような子供でした^^;


小さいころは歌うことや本を読むことが好きで、家にいるときはずっと童謡を歌っていた記憶があります。

体を動かすことも好きで、小学校に入ってからは友達と鬼ごっこをしたり、ジャングルジムで遊んだりしていました。

小学校の時の夢は「海女ちゃん」

小学校の卒業アルバムに書いた夢は「海の女になる!」でした(笑)

夏休みには毎年シュノーケリングをしていたので、海が大好きだったんです。

しかし現在、海女ちゃんにはなっていません。残念。。。

ゆらり
ゆらり
今でも海が大好きな気持ちは変わっていません。海女になりたいとは思いませんが(笑)

中学・高校時代と大学受験

中学・高校時代と大学受験
※写真はイメージです

中学のときから高校2年までは「毎日楽しく過ごせればいい」と考えてマイペースに毎日を送っていました。

ゆらり
ゆらり
何をしていたかよく覚えていませんが、友達とプリクラを撮ることや、ファミレスでおしゃべりするのを楽しんでいたと思います!

中学生のときに慕っていた祖母が他界し、そこからなんとなく家族関係がギスギスし始めました。

両親は月に1回以上は必ず大ゲンカをして、家にいることに耐えられず、お風呂あがりにそのまま家を出て、友達の家に押しかけたこともあります。

今思うと、そのときから私の「人の顔色をうかがう」クセはついていたのかもしれません。

ただ中学・高校生活は問題なく過ぎ、親友と呼べる間柄の友達もできました。

10年以上たっても、仲良くできる友達がいるのはありがたいことだなと感じます。

大学受験で成功体験を積む

高校2年の終わり頃に転機が訪れました。大学受験です。

それまでは「適当に行けそうなところでいいや」と思っていたのですが「どうせやるなら上を目指したい」という気持ちになったのです。

当時センター試験の英語の点数は25点くらいでした。

ゆらり
ゆらり
4択で200点満点なので、ランダムにやっても50点は取れるはずなのですが(笑)

「受験は1度しかないから、本気で頑張ろう!」

そう思ってから約1年、予備校で毎日10時間ちかく猛勉強をつづけました。

受験に関係ない科目の授業時間はずっと他の勉強をして、土日に行われた文化祭もさぼったため先生に怒られました(笑)

結果として第一志望の私立大学に合格。

センター試験当日の英語の点数は184点でした。

周囲に「絶対に受からない」といわれていた大学に合格したことで、自分の人生の糧となる成功体験を積むことができました。

努力の方向性について学ぶ

ただ、このときに一緒に頑張っていた友達が志望大学に軒並み落ちてしまい、大きなショックを受けます。

同じ時間努力しても、同じ結果が出るとは限らない。

大学受験を通して「正しい方向性で努力しないと結果は出ない」ということを思い知りました。

このときに学んだことは、今のWebライターとしての仕事にも活きていると感じます。

英語漬けの大学生活

大学生活
ニュージーランドはこんな感じです

第一志望の大学に入ったはいいものの、レベルが高すぎてものすごく苦労しました(笑)

というのも授業が英語で行われていたので、帰国子女ではないわたしにとっては大変以外の何ものでもありませんでした。

ついていくことに精一杯で、ストレスを抱えて入院したこともあります^^;

留学して異文化を学ぶ

在学中にニュージーランド留学をしたり、英会話サークルに入ったりしたことで英語力を飛躍的に上げることができました。

大学時代に初めて一人で海外に旅に出て、言葉がうまく通じず、孤独に押しつぶされそうになったこともあります。

でも日本以外の国に行って現地の文化や空気を感じることは、自分にとって大きな喜びになりました。

大学卒業後もほぼ毎年海外旅行に出かけています。

  • 日本特有の窮屈さ
  • 過度な協調性
  • 一目を気にする国民性

こういった日本独特の雰囲気は、国外に出たからこそわかることだと思います。

とにかくよく寝ていた

ちなみに大学時代は毎日11時に起床していました(笑)

土日もひたすら寝ていたような記憶があります。。

ゆらり
ゆらり
このときにWebライターなどの勉強をしておけばどんなによかったことか。。と思います(笑)

今でもよく寝るので毎日9時に起床しています!

ロングスリーパーなので仕方ないですよね。(と自分に言い聞かせている)

社会人になってからの5年間

民間企業に就職
※写真はイメージです(笑)

晴れてギリギリ大学を卒業し(笑)、民間企業に勤めることになりました。

入ったのは、就活でとりあえず内定をもらえた通信系の中小企業です。

集合住宅向けのインターネット回線を売る営業職に就きました。

通信企業で営業職に従事

わたしはまったく仕事ができない新人でしたが、職場の先輩方は温かく迎え入れてくれ、4年ほど営業職に従事しました。

4年目になったときには一通り仕事もできるようになり、そこそこ仕事もわかるようになってきたので他の人から頼られることが増えていきます。

しかし、売上数字が上がって喜びを感じるのとは裏腹に、体調がおかしくなっていました。

  • 職場にいると自然と涙が出る
  • 忙しくて常に焦燥感を抱えている
  • 出勤時電車に乗ると吐きそうになる

こんなことがあり、違和感を覚えて病院にいったところ「適応障害」と診断され、会社を休むことになります。

「やりがいを感じていたはずなのに、自分の心身をだましだまし仕事していたのかな・・・。」と思いました。

会社を休んだことは、これまでの働き方を見つめなおすきっかけになりました。

メンタルを病んで営業事務へ異動

会社はわたしが働き続けられるよう、営業から営業事務部門へ異動させてくれました。

ゆらり
ゆらり
そこでの1年は営業の時とは比べものにならないくらい穏やかでびっくりしました。

営業のときは1日歩き回って、クライアントと商談して、事務作業をして、帰宅すると疲れ果ててすぐ寝ていました。

しかし営業事務になったら「帰宅しても疲れていない!」と感じたのです。

仕事も営業のときにやっていた業務と関わりがある内容だったので、そこまで大変ではありませんでした。

しかし「成長している」という実感は全く得られず、スキルアップのために転職を考え始めます。

スキルアップを見据えて転職

転職後は大手システムインテグレータに入社しました。

デジタル分野の中でも最大手の企業であり、最先端のサービスを扱っているところでもあります。

営業職となって、サーバーやDX(デジタルトランスフォーメーション)に関わるサービスを扱いました。

英語のスキルも活用できそうだったので、新たな環境に行けることに対してわくわくしていたのを覚えています。

会社で働くことが合わないと感じる

しかし、転職したあと「自分は他の市場では全く役に立たない」ということを思い知ります。

新しい職場で扱うサービスや業界に関するスキル・知識は全くなく、まるで新人と同じでした。

前職でやっていた仕事は、一部の場所でしか役に立たないものだったのです。

そして運悪く馬が合わない上司に当たってしまいます。

  • 毎日飲みにつれていかれ、延々と自慢話を聞かされる
  • とにかくマウンティングされる
  • 急遽夜21時に会議を入れられる

こんな日々が続きました。

毎日22時以降に帰宅して、帰ったら何もする気が起きない。

成長するために転職したのに、前職でメンタルを壊したときと同じような状況になっていました。

この頃から「わたしは会社で働くことは合わない気がする」とひしひしと感じるようになります。

会社をやめてWebライターとして独立

会社に勤めずに働ける道を探し始める

とある本を読んだ際に「HSP」という言葉を知って、診断テストをやってみると見事に自分が当てはまることに気づきました。

HSPは五感や人の気持ちを察することが敏感なため、会社にいると人一倍ストレスを感じやすいのです。

「このまま会社に勤めていても多分また体調を崩す。なんとか会社に勤めずにお金を稼げないか?」と考えてインターネットで色々と調べものをしました。

ブロガーになろうと決意

色々調べてみて見つけたのが「ブロガー」という選択肢です。

しかしブロガーになると決めた当時は、コロナウイルスが発見されたばかりの時期でした。

見よう見まねでWordPressを使ってサイトを作成して、なんとか記事をアップすることができました。

しかし、当時はコロナ禍真っただ中。

各地が混乱に陥っていたため、ブログを作ったもののGoogleアドセンスの審査が止まっており、収益化が難しい状況でした。

ブロガーからWebライターに

「Googleアドセンスの審査が再開するまでWebライターとして仕事を受けてみるか」と思い、Webライターを名乗ることになります。

色々調べてみると、Webライターとして生計を立てることが可能だとわかりました。

ゆらり
ゆらり
実際、優秀な先輩方はWebライターを始めて1か月目、2か月目で月20万稼げているではありませんか!

結果として、ここで始めたWebライターの仕事が自分の本業になります。

Webライターとして生計を立てる

Webライターの仕事に魅力を感じたわたしは、転職した会社を早々に辞めて独立します。

最初は時給100円、200円なんてこともありましたが、今では時給3,000円や4,000円を超えるようなお仕事もいただけるようになりました。

独立した初月は1万円しか稼げませんでしたが、9か月目以降は月20万円以上を安定して稼げています。

最初の会社に勤めていたら、居心地がよすぎて「フリーランスになる」なんて考えに至らなかったでしょう。

メンタルに不調をきたして、異動して、転職したからこそ「独立する」という選択肢が生まれたんだと思います。

ゆらり
ゆらり
今はフリーランスの生活に慣れてしまったので、もう会社員に戻るのは多分無理でしょう(笑)

複数のメディアで情報発信を開始

Webライター業を始めてから、Webライター初心者の人やHSPの人に向けて情報発信をしています。

月に20万稼げるようになり、それまでの過程を記した電子書籍を出版しました。

またTwitter・ラジオ・ブログなどのプラットフォームも活用しており、同じような悩みを抱える人に向けて解決策を発信することに注力しています。

それぞれのリンクは以下にまとめていますので、興味がある人は見てみてください。
まとめリンク

今後は専門性を高めつつWebライターとしての収入を増やし、ブログやラジオでの情報発信を行っていこうと考えています。

おわりに

プロフィールは以上です。

今後も電子書籍、ブログ、ラジオなどでWebライターやHSPに関する情報発信をしていきますので、引き続きよろしくお願いいたします。

ご覧いただきありがとうございました!