ぬいぐるみをすべて断捨離しても後悔しない方法と得られたもの

ぬいぐるみを断捨離して後悔しない4つの方法とよかったこと

大切にしていたぬいぐるみの断捨離。せっかくやるなら後悔したくないですよね。

子どもの頃からかわいがって、思い出がつまったものを捨てるのは勇気がいります。

「捨てるのはかわいそう」と感じるかもしれませんね。とてもよくわかります。

私もぬいぐるみが大好きで一番多いときの数は50個前後でした。しかし色々考えて全て手放しました。

最初は切ない気持ちもありましたが、すべて手放してスッキリしました。そう思えるのは、自分がやったことに対して考え方を変えたためです。

 

この記事では2つのテーマについて解説します。

・思い出がつまったぬいぐるみを手放しても後悔しないコツ
・実際に経験して得られたこと

気持ちよくぬいぐるみを処分して、次に進みたい!と思う人はぜひ参考にしてみてくださいね。

ぬいぐるみを断捨離しても後悔しない方法

ぬいぐるみを断捨離して後悔しない方法

写真に撮っておく

捨てる前に写真に撮っておくのはおすすめです。実物がなくなっても、写真に撮っておけばいつでも見直せます。

私はぬいぐるみを手放す前に、お気に入りを全部集めて写真に残しました。

その一枚は今でも部屋の壁に貼っています。手元になくても、それを見れば幸せな気持ちになるので大丈夫です。

 

写真に残しておけば、いつでも思い出がよみがえって幸せな気持ちになりますよ。

大事に使ってくれそうな人にゆずる

他の人にあげるのも安心ですね。

トイストーリー3を鑑賞した人は伝わると思いますが、その人がどう使ってくれるかは結構重要ですよね。自分が使っていた物を大事にしてくれる人にならあげてもいいかな、と思えます。

 

自分が大事にしていた子たちを同じように扱ってもらえる人にあげれば、どちらもWin-Winですね!

慈善団体に寄付する

ぬいぐるみをNPO法人などに寄付するのもおすすめです。手間をかけずに、必要な人の元に届けてもらえます。

私はこの方法を利用しました。使ったのはいいことシップというサービスです。

このサービスのメリットは申込が不要で、負担金額が少ないことです(送料のみ)。事前に連絡せずにぬいぐるみを送っても然るべきところに寄付してもらえますよ。

提携している子どもの支援団体に届けてもらえて、こちらでその団体を決めることも可能です。

 

「もらってくれそうな相手が見つからない・・・。だけど捨てたくない。」こんな人は慈善団体への寄付はかなりオススメの手段ですよ。

運気があがったと考える

「ぬいぐるみがいなくなって自分の運気があがった」とポジティブにとらえましょう。

風水では、目や顔をもつ物は人間と同じように「気」が宿って、部屋の運気がどんどん分散されると言われています。

私は以前ぬいぐるみを30個ほど部屋に置いていました。これでは運気が30分の1になってしまいます(笑)

 

スピリチュアルなことなので正確には表せませんが、大量に所持していた時に比べると幸福度は今の方が高いのは事実です。

風水的な面で「自分の運気が上昇している!」と考えると少し気が楽になりますよ。

ぬいぐるみを断捨離してよかったと思うこと

心のもやもやがすっきりした

ぬいぐるみを手放したら心が晴れました。

それは彼らを持ち続けること自体に疑問があったからだと思います。

とある本を読んで「部屋にぬいぐるみを置くのはよくない!」と知ったため、たんすの中にしまっていました。

しかし、何かが心に引っかかっていました。

 

「もう大人なのにずっと持ち続けるの?」
「この子たちはたんすの中にいて幸せなんだろうか」

こんな風に思いました。必要な人やほしい人にあげたほうが有意義ではないかと。

その気持ちは月日がたっても変わりませんでした。そんな中で知ったのが前述の寄付団体です。

「労力もかからず、ぬいぐるみで遊びたい子どもたちに使ってもらえる。これなら後悔しないかな?」と思いました。

 

あのまま放っておいたら自分にも、たんすの中の子たちにもよくなかったと思います。

もし、あなたがぬいぐるみを持つこと自体にもやもやしていたら、処分すると心が軽くなりますよ。

ダニの被害が減った

ぬいぐるみはダニの温床と言われています。手放すとダニの被害が減る効果がありますよ。

私は以前大量に所持していて、お気に入りの子をハグしたり一緒に寝たりしました。(ピーク時は50個ほど)

そこにダニがうようよ湧いてたと思うとゾッとします。。。

 

しかもぬいぐるみは厚いため、ダニ対策がしづらいのがネックです。まるっと断捨離すればダニも気にならなくなりますよね。

部屋が片付く

ぬいぐるみがなくなると部屋がきれいになります。置いていたスペースが空いて、部屋全体が広く感じられますよ。

私もたんすの中に入れていた子たちを全部寄付したので、かなりすっきりして嬉しく思ったのを覚えています。

 

部屋が片付くと気分もよくなって、掃除をするモチベーションもあがります。

ぬいぐるみを断捨離したことをプラスにとらえよう

「ぬいぐるみの断捨離で後悔するのはイヤ!」と考えている人に向けて、コツと実際に体験して感じたメリットについてお伝えしました。

大事にしていた子たちを手放すのはつらいと思いますが、得られるものもたくさんあります。

私の場合はもやもやしていた気持ちから解放されて、すっきりした部屋で生活できたのが嬉しかったです。

本文のポイントはこの通りです。

・捨てる前に写真に撮る
・大事に使ってくれる人にゆずる
・社団法人に寄付する
・運気UPになると考える

 

メリット
・心のもやもやがすっきりする
・ダニ被害が減る
・部屋がきれいになる

 

「自分もぬいぐるみを手放してみようかな」と思ったら、こちらからどうぞ。

参考リンク:いいことシップ

あなたも気持ち良くぬいぐるみを断捨離して、新しいものを得てみませんか?

このサイトについて